経理代行サービスとは?煩雑な経理業務はプロにお任せ

2019年6月30日

「突然会社の経理スタッフが退職してしまった…」

「決算期だけ経理人手を増やしたい!」

「次の経理担当が見つかるまで数か月の間だけ経理の担当者が欲しい。」

「経理を派遣で雇ったが意外と高額だった」

こんな悩みはありませんか?

その課題はすべて、経理代行サービスで解決できます!

経理代行サービスとは、会社の経理業務のアウトソーシング(業務委託)です。

個人事業主や中小企業では経理経験のない社員や社長が経理業務を行うこともあります。

経理業務に時間を使わず本業に集中したいですよね。かといって経理の派遣は高額な場合も多い。

経理代行を使えば、経理のプロが早く正確な経理業務を行います。経理の派遣よりもコストがかからず時間や報酬などに融通が利きます。

経理代行サービスとは?

経理代行とは、企業の経理業務のアウトソーシング(外注)です。
企業や個人の経理業務を委託してその分の対価を払うという仕組みになります。

個人事業主や中小企業では、経理経験のない社員や社長が自ら経理を担当することもあります。

煩雑な経理作業が負担になり、本業に思ったように時間を割けないことも。経理業務以外にも、営業や一般事務など、やることは多いですよね。

もし、経理作業に追われたのが原因で、プレゼンなどの準備がうまくいかなくて、大事な商談が頓挫したら大損失ですよね。 経理のプロである経理代行に業務を委託すれば、経理業務が早く正確に行われる上に社長や社員は本業に集中できます。

経理の担当社員や経理の派遣を雇うよりも人件費が下がるケースも多いです。

経理代行の業務内容としては、年末調整や決算・申告業務など煩雑な経理業務の代行を行います。

決算期の人手が必要な時期だけ経理代行に仕事を委託する方法もあります。

経理代行サービスがやってくれること

経理代行サービスは、経理に関する様々な業務を代行します。具体的には記帳業務、給与計算、売掛金・買掛金管理、決算申告、年末調整、請求書の発行などです。

記帳業務

記帳業務とは、領収書の整理や会計ソフトへの仕分けの打ち込みなどの作業です。記帳業務の必要性は、資金繰りや事業について、現状のお金の動きを把握しておくことは大切です。税務調査などの際に透明性を担保するために、平成26年以降記帳業務は義務化されました。記帳業務は業務上も法律上も重要なものです。

日々の業務の中で入出金の記録をもれなく記帳するのは手間がかかります。税金の申告にも必要な作業ですが、経理担当出ない社員が時間を取られたくはないですよね。

経理代行サービスを利用することで、日々の会計業務の負担を減らすことができます。領収書や請求書など面倒な事務作業を外部委託できます。経理業務に悩まされている会社や個人事業主の方にとって記帳代行は心強いです。様々な経理実務を実施してもらうことができ、本業の仕事に集中できます。

【おすすめ記事】

記帳代行の費用・相場!どこに依頼すればいいんだろう

記帳代行の選び方!納期を守ってくれる業者を選ぼう


給与計算

給与計算は従業員への毎月の給与の支払いに必要です。給与計算でミスがあれば社員の不満や会社への不信感が生まれてしまいます。

経理社員に各従業員の給与額を知られたくない場合などにも利用できます。

入退社情報や扶養家族の有無などの社員情報と、会社の就業規則、タイムカードを経理代行の業者に提出することで、正確に給与計算してもらえます。

経理代行に業務委託することで、給与計算の代行だけでなく、勤怠システムのクラウドサービスの提案から給与明細のweb化まで給与に関する一連の業務をサポートしてもらうことも可能です。

経理代行業者に勤怠情報を提供すれば、給与・賞与計算、給与明細の作成などのサポートを受けることができます。毎月の給与計算の手間を省くことができます。

売掛金・買掛金管理

売掛金とは、先に商品を納品して後から支払合いを受け取る債権です。買掛金とは、先に商品を納品してもらい、後から支払う取引で発生する債務です。

飲み屋で「ツケといて」と言って代金を払わずに店を出ていくシーンを思い浮かべてみてください。飲み屋の常連客がその場で代金を払わず、次の機会に支払いをしますよね。

売掛金や買掛金はいわゆる「ツケ」のことで、代金はあとで払う形の取引です。

売掛金は商品を先に販売して代金を後から受け取るお金で、買掛金は商品を先に仕入れて代金を後で払う形になります。

売掛金や買掛金は、掛け取引を行った後に資金の回収や支払いをします。管理を怠っていると資金の回収や支払いに支障が起こってしまいます。売掛金や買掛金の管理がずさんだと不利益を被ったり企業の健全性が損なわれるリスクがあります。特に売掛金の管理には注意が必要です。

売掛金には消滅時効があり、決められた期間を過ぎると売掛金の回収に手間取ります。買掛金についても管理に問題があれば取引先からの信用を損ないます。売掛金・買掛金の管理が杜撰であると企業経営にマイナスになります。

経理代行に売掛金・買掛金管理を任せることで、自社の損失を防ぐことに繋がります。

決算申告

決算申告とは各会社の会計期間における収入と支出から利益や損出を算出することです。決算申告により会社の1年間の業績や財務情報を明らかにします。法人は決算申告を義務づけられています。

決算は会社の1年分の経営成績をまとめる作業です。決算書は会社の経営成績を示すものです。決算書を作ることで自社の経営情報の把握に役立ち、取引先や金融機関に示すものにもなります。

実際の業務としては申告書の作成から法人税・消費税の計算や支払いまでを行います。

決算申告は税理士に業務委託することが一般的です。

経理代行では領収書や請求書をもとに、1年分の決算書の作成、法人税申請、申告書の作成などを代行します。

決算申告は面倒な作業も多く、専門性も必要とされるので業務委託しましょう。注意点としては、税務申告の代行は税理士事務所や税理士法人でなければ委託できません。

年末調整

年末調整とは、給与所得者のその年の源泉徴収を計算して所得税を確定するものです。年末調整は従業員の所得税の支払いを雇い主が代行して行うことで、所得税法に義務づけられています。所得税は支払いを義務図けられていますし、支払いに不備があってはいけません。年末調整は経理業務の中でも重要な作業の一つなのです。

所得税は毎月の給与や賞与から天引きして概算します。年末調整では、その年の収入を対象に所得税を合計し、所得税の過不足を計算します。

年末調整の業務は、源泉徴収票の回収、申請書類の回収、年末調整の計算です。「源泉徴収票」「法廷調書会計表」「給与支払報告書」などを作成する必要があります。時期としては11月~1月に行われます。経理担当者は他にも仕事を抱えながらも年末調整に対応しなければいけません。

必要な書類は「扶養控除等申告書」「生命保険料控除証明書」「保険料控除等申請書」「給与台帳」などです。

請求書発行

請求書の作成から送付まで、煩雑な請求業務をまとめて代行できます。業務の中で、請求書の作成や送付を行う機会は少なくありません。経理代行では、請求書の作成、発行、送付、入金管理などを一貫してサポートします。

請求書発行を業務委託することで、売上データのチェックから請求書の発行までの業務を代行します。

請求漏れ、誤請求を防ぎ、請求の業務負担の軽減につながります。

経理代行サービスを頼むメリット

経理代行を頼むメリットは、人件費の削減や経理のプロによる正確な仕事です。規模の小さい会社であったり繁忙期であるほど、経理業務の業務委託はメリットが大きいです。経理業務を外部委託することで、本業に集中できる環境を整えましょう。

人件費削減

経理代行を利用することによって人件費の削減が見込まれます。経理担当者を雇うよりも人件費はかかりません。短期間だけ経理の人手が欲しい場合でも経理の派遣よりコストがかからずに済みます。

ここで、経理代行と経理派遣の簡単な比較を。あくまで目安の比較となります。

項目経理代行経理派遣
費用(月額)2万9800円~42万円~48万円(時給3000円~)
契約期間・1か月単位で契約可能・業務量に合わせて勤務調整可能・3か月~・原則週5日出勤
経験・スキル・スキルのばらつきは小さい・簿記2級レベル以上・税務知識あり・派遣社員によってばらつきも・簿記2級レベル・税務知識はほぼない

                     (https://www.umegawa.co.jp/keiri/haken/

短期間で必要な人手が欲しい場合、経理代行はおススメです。

事業にかかる費用で大きな割合を占めるのは人件費です。一定額の固定費を給与としては和う必要があり、規模が小さい会社ほど人件費の負担は厳しくなります。

経理代行に依頼すれば、経理業務の量や内容に応じて料金の支払いを行います。経理業務を適正なコストで運用できます。また、経理業務を行う際には会計ソフトを使うことが一般的です。経理代行に業務を委託することでソフトの購入や保守、管理にかかるコストの削減にもつながります。

【おすすめ記事】

経理代行のメリット・デメリット!本当に頼んで大丈夫?

経理のプロによる早く正確な業務

経理代行のメリットは、業務を経理のスペシャリストが行うことです。

会社の経理業務は、社内の経理担当者が非効率な方法のまま業務を続けていることも多いです。

規模の小さい会社では、経理が専門でない社員が経理担当になることもあります。経理業務を

Excelによる手作業で行っている会社もあります。経理業務の経験や知識が少ないと、書類一つ作るのにも手間取ります。また、税制の改正などイレギュラーな変更に対応することが難しいです。

経理代行に業務委託することで、プロの手によって素早く正確に試算表や月次報告書を作成することができます。

税制に関する法改正や会計のルールが変わったときに、経理のプロに任せておけば対応できます。自分で難しい政府資料を見て理解する必要もありません。2018年1月には専業主婦やパートがいる世帯の所得税を低減する配偶者控除の制度が変わりました。2020年には、年収850万円を超える会社員の所得税が増税となります。こうした税制改正に経理のプロは適切に対応できます。

税法は毎年のように改正が行われます。不注意によって税制改正に気づかないと不利益が生じます。例えば、領収書の書き間違いで何十万円も損をしてしまう場合があります。領収書の書き間違えで売上を二重計上してしまった場合、無駄な税金を払うことになります。税金を多く払いすぎた場合、それを訂正できる期間は限られているため払いすぎた税金を取り戻せない場合があります。

経理についてすべてお任せできる点もプロに頼むメリットです。

経理代行では、収支に関して経理のプロの目線からアドバイスをもらえることもメリットです。

本業の業務へ集中できる

経理代行を利用することで、本業の業務に集中できます。

経理業務は会社にとって重要な業務ですが、直接的に利益を生むわけではありません。規模の小さい会社にとっては一人でも多く営業活動や生産活動に人手を割きたいはず。

企業の経理担当者も、経理を専門としている社員が業務を行っていないケースも少なくありません。

煩雑で専門性も必要な経理業務は代行して、本業に集中することは有効です。経理代行なら、必要な時に必要な業務の分だけ業務委託が可能なので融通も利きます。

経理代行サービスを頼むデメリット

経理代行を利用するデメリットをご紹介します。自社の業務を外部に代替することでデメリットも生じます。経理業務のノウハウが自社にたまらなかったり、情報が流出する危険性もゼロではありません。詳しく見ていきましょう。

経理業務のノウハウが蓄積されない

経理代行に業務委託することで、経理についての知識やノウハウが社内に蓄積されません。業務委託をやめたときに、新たにマニュアルを整えたり社員を教育する必要が生じます。

経理代行は、経理担当者がいない時など短期間に業務委託をするのに適しています。

「若手の経理担当社員を教育したい」「社内で経理業務についてわかる人がいないのは不安」などの要望がある場合、社内で経理の社員を雇ったほうが良いかもしれません。

情報流出の危険性

経理代行を利用することで、安全性についてデメリットがあります。

経理業務は企業の売上や経費など、事業に関するすべての情報が関わります。経営上のお金の動きや取引先に関する情報も含まれます。経理業務を委託することでこれらの情報を代行業者に公開することになります。

人が行う作業である以上、資料の紛失や漏洩の可能性は否定できません。

プライバシーマークをご存知ですか?プライバシーマークは企業や団体の個人情報保護の体制が整っていることを表すマークです。プライバシーマークのある企業に経理代行を業務委託することをおすすめします。

コストカットにならないことも

経理業務を代行することでコストカットが実現できているとは限りません。

たしかに経理代行は、正社員や派遣社員を雇うよりも安い場合が多いです。業務委託を依頼する際はコストメリットを期待する場合が多いです。

しかし、自社で経理を得意とする派遣社員や契約社員を雇うほうがコストカットにつながる場合があります。

前述したように、自社に知識やノウハウが蓄積されないことを考えると、長い目で見れば経理担当社員を育成したほうがコスト削減できるかもしれません。

経理代行サービスの相場

経理業務全般を代行する場合、月額で3万円~が一般的な相場になります。ただ、各事務所ごとに網羅する内容が異なるため、単純な比較はできません。

経理代行全般の業務では、各事務所ごとにそれぞれのプランで記帳代行、領収書・請求書整理、請求書作成、売掛金・買掛金管理などをパックにして経理代行サービスを提供しています。

決算書作成や法人税申告代行については5万円~15万円程度で代行しています。日々の経理作業ではなく、決算の時期だけ経理代行を依頼したい場合は上記の価格帯になります。

事務所によって「決算書作成のみ」であったり、「申告代行のみ」という形で料金設定をしていたり様々です。そのため、料金も一概に比較ができません。業務をどれだけ代行するかによって料金も大きく変動します。

経理代行サービスを選ぶときのポイント

経理代行サービスを選ぶには、自社のニーズを明確にしてそれに合った代行業者を見つけることが大切です。経理代行会社の数は多く、その特色も様々です。

会社に常駐する形の代行サービスもあれば、資料を送って業務を行ってもらう会社もあります。ただ単に業務の代行をするだけでなく、経理・財務面でのコンサルティングを手掛ける経理代行会社もあります。自社のニーズに適した経理代行業者を選びましょう。

税理士が在籍しているかどうか

税理士は経理に関するプロフェッショナルです。税務の代理や納税書類の作成などを行います。会計処理の代行、申告書の作成、節税・納税のアドバイスなどを行います。また、公認会計士も税理士と同じく税金の申告書の作成などができます。

経理代行の業者には税理士が在籍しない会社もあります。こういった業者の場合、記帳作業などが代行業務の中心になります。申請書の作成や税務上のアドバイスを代行業者に求めるなら、税理士が在籍する経理代行に業務委託したほうが良いでしょう。

高度な知識が必要となる税務申告や決算までを一貫して任せることができるのは大きなメリットです。経理のプロのいる業者に任せておくほうが安心です。

実績が豊富

記帳代行を行うのに必要な資格はありません。経理代行では行政書士や税理士などの資格保有者が業務を行うことが多いですが、無資格でも業務可能です。

経理代行には実績や信頼性において様々な会社が存在します。経理代行の業者を選ぶ際には各社の実績や顧客満足度を参考にしましょう。

既存顧客の利用継続度が高い業者であったり、顧客の解約率の低い業者は実績が豊富といえるでしょう。

口コミや評判を参考にする

経理代行サービスを選定する際に口コミは参考になります。実際の利用者の声を確認することで、各業者のメリット・デメリットを把握できます。口コミや評判を調べる際にチェックしておきたいポイントは、「業務の正確性」「サポート体制」「レスポンスの良さ」です。

「業務の正確性」は経理代行サービスで最も重要な事柄です。経理代行で書類や計算上のミスが起こると困ります。自社のお金の動きが正確に記載されなければ適切な経営上の判断はできませんし、法的にも問題が生じる可能性があります。「業務の正確性」は経理代行サービスを選定するうえで優先事項です。

「サポート体制」もチェックしておきたい項目のひとつです。経理上の処理でわからないことがあれば親身に説明してくれる業者が良いですよね。節税のサポートや、財務上のコンサルティングを行う会社を利用すれば、経理業務の代行だけでなく業務の改善にもつながります。普段の業務においても、経理のプロの視点で疑問点を気軽に解消できる代行会社がのおましいです。

「レスポンスの良さ」も大事な要素です。経理代行サービスでは、自社に常駐せず書類の処理だけ行う会社もあります。経理について聞きたいのにレスポンスが遅く、疑問点の解消に時間がかかってしまっては困ります。できるだけ連絡がつきやすく、しっかりと返答してくれるサービスを選びましょう。

【おすすめ記事】

失敗しない経理代行の選び方!比較サービスなどを活用しよう

おすすめの経理代行サービス

おすすめの経理代行業者としてご紹介するのはHELP YOUとメリービズです。HELP YOUは継続度が97%を超えています。既存顧客からの評判も良いです。メリービズはオンラインの経理代行サービスで、様々な規模の企業がクライアントとなっています。

HELP YOU: 継続率97%のオンラインアシスタント

HELP YOUはバックオフィス業務を中心に行っているオンラインアシスタントサービスです。経理のほかにも採用や人事、総務、ECサイトなどを運用していますが、今回は経理代行についてご紹介します。

HELP YOUの経理代行では、記帳代行・社内決済手続き・経費整理・クラウドツール導入サポートなどの業務を行っています。HELP YOUはの特徴はチーム制で、たとえメンバーが欠けたとしても進捗に滞りなく様々な業務に対応できます。

スタッフの採用率は1%であり、採用には厳しい基準があります。厳選されたスタッフが質の高い業務を行っており顧客満足度も高いです。HELP YOUの料金は3か月プランの場合、30時間で10万円です。時給換算で3000円を超えますが、採用コストや教育コストを考えれば高くないです。

【おすすめ記事】

HELP YOU(ヘルプユー)の評判・口コミ!なぜこんなに人気なのか

HELP YOUはこちらから

バーチャル経理アシスタントbyメリービズ 

バーチャル経理アシスタントbyメリービズは経理代行サービスの一つです。この経理代行の特徴は「不安定な経理業務需要に対応できる」ことです。専門の知識を持ったプロフェッショナルが短期間で必要な業務を済ませてくれます。

メリービズはオンラインの経理代行サービスで、クックパッドなどの大手企業も導入しています。メリービズのクライアントはスタートアップから東証一部上場までと幅広く、どの規模の企業にも支持されています。

メリービズの業務にあたるスタッフは簿記2級以上、経理経験3年以上のスタッフになります。経理に特化した代行サービスなので業務の質には定評があります。

特に、一時的な経理業務の急増に対応できるのが魅力です。経理業務の繁忙期に人手が足りずに困っている企業も多いはず。短期間に低価格で経理業務を処理できます。

【おすすめ記事】

バーチャル経理アシスタントbyメリービズの評判・口コミ!低価格で仕事が早い

バーチャル経理アシスタントbyメリービズはこちらから

経理代行以外ではオンラインアシスタントがおすすめ

経理代行は経理に関する業務をアウトソーシングします。オンラインアシスタントを活用すれば、経理代行だけでなく、時間のかかるバックオフィス業務をインターネットを通じて委託できます。

オンラインアシスタントに依頼できる業務は経理、総務、人事、webメディア運用など多岐にわたります。経理や人事など機密性の高い内容を外注することに不安を感じるかもしれません。しかし、オンラインアシスタントサービスを提供する会社とクライアント企業は秘密保持を結び情報は暗号化されるのでセキュリティに問題はありません。

オンラインアシスタントは基本的に在宅で、指示はインターネットを通じて行います。オンラインアシスタントを活用するためには通信機器やITツールの導入が必要になります。SlackやChatworkなどのビジネスチャットを導入する場合もあります。

おすすめのオンラインアシスタントはフジ子さんです。フジ子さんはリーズナブルな価格設定が特徴で、1か月あたりの稼働時間が多くなるほど時給換算した時の料金は安くなります。フジ子さんの継続率は90%で、利用企業のほとんどが業務委託を継続しています。依頼できる業務は、経理・秘書・人事・webメディアなど幅広いです。

【おすすめ記事】

継続率の高さを誇るフジ子さん!評判・口コミは?フジア株式会社のオンラインアシスタント

まとめ

今回は経理代行についてご紹介しました。

経理代行は経理業務のアウトソーシングです。個人事業主や繁忙期の企業にメリットがあります。

経理代行サービスは、経理に関する様々な業務を代行します。具体的には記帳業務、給与計算、売掛金・買掛金管理、決算申告、年末調整、請求書の発行などです。

メリットとしては人件費削減や本業への集中、デメリットとしては自社にノウハウが蓄積しない点などがあります。税理士が在籍しており、実績が豊富な経理代行サービスが望ましいです。経理だけではなくバックオフィスの業務を代行したい場合にはオンラインアシスタントを使いましょう。