失敗しない経理代行の選び方!比較サービスなどを活用しよう

経理担当者を雇用できる状態ではない場合、役立ってくるのが経理代行サービスです。自身で勉強しても良いかも知れませんが、その時間と記帳に掛ける時間は、ビジネスに専念した方が効率的ではないでしょうか。

この記事では、経理代行サービスの選び方について、ポイントをまとめていきます。

失敗しない経理代行の選び方

経理代行・記帳代行を実施してる会社は多くありますが、どれを選んでも同じと言うわけではありません。気をつけたいポイントは色々とありますので、まずは、選び方を確認しておきましょう。

代行サービスを選ぶには、自社のニーズを明確化し、最適な会社を見極めていくことが大切です。経理代行サービスは色々な会社が手がけているため、その特色も多彩なものとなっています。このため、専門のスタッフが常駐するか否か、経理関係のコンサルティングサービスがあるか否かなどの特徴から、自社のニーズにマッチしたものを判断していくようにしましょう。

税理士・会計士が存在するかどうか

税理士・会計士は経理に関してはプロフェッショナルで、税務申告や決算までを任せられる存在です。この点、経理代行サービスにおいては、税理士・会計士が在籍していない会社も多いのですが、この場合は、単純に記帳だけの作業を任せるような形となります。自社においては記帳作業だけを任せるのか、それとも、税務コンサルティングなども含めて依頼すべきかをしっかりと見極めて、判断することが大切となります。

士業の先生が存在している会社なら、高度な知識が必要となってくる税務申告や決算までを一貫して任せられるのは大きなメリットです。税務に関しては申告漏れのリスクなどは気をつけたい点ですので、不安な時には税理士が在籍している会社を選んでいくようにしましょう。

実績と信頼性は要チェック

記帳代行を行うのには、特に必要資格は存在していません。現実的には行政書士や税理士の資格保有者が、サービスを提供してることが多いものの、完全に無資格者でも参入できるのが、この業界の特徴となります。このために、経理代行サービスには実力・信頼性共に様々な会社が存在しており、選び方としては、これまでの実績は重視すべきポイントです。

例えば行政書士は、資格試験の取得においては経理を学ぶと言うことはありません。しかし、その先生自身の経歴としては、商業簿記に慣れていたり、多数の会社と代行契約を結んで実績を重ねていると言うケースが考えられます。選ぶ際にはもちろん、このように実績が豊富である方が、ノウハウの蓄積もありますし、信頼性も高まるはず。契約してしまってから、「計算が合ってない!」と言うような困った事態になるのを防ぐために、安心して任せられる相手を選びたいものです。

口コミや評判で調べるべきポイント

代行サービスを選定していく時には、その会社の口コミを調べていくと、色々と参考になることがあります。ここで、口コミや評判を調べる時に、チェックしておきたいポイントを押さえておきましょう。確認したいのは、「計算は正確か」、「レスポンスは良いか」、「対応力があるか」の3つです。

「計算の正確性」については、経理代行の選び方を考えると、当然とも言える重要ポイントでしょう。この部分を前提として、後の2つを見ていきます。

「レスポンスの良さ」は、特に緊急時などでは欠かせない要素です。急いで確認したいことがあるのに、連絡がつかないとか、返事が遅すぎるのでは、会社経営を考えると好ましくありません。できるだけ連絡が付きやすく、また、しっかりと返答してくれるサービスを選びましょう。

「対応力」も欠かせない要素です。例えば、悩みに対して親身になって解決方法を考えてくれたり、難しい事柄に対してもちゃんと調べて対処してくれるような会社が好ましいと言えます。もしも、少し難しい悩みが生じた時に、単純に「できません」とだけ返答されるようでは、これは困るでしょう。連絡の迅速さと共に、丁寧にサポートしてくれるか、わかりやすく解説してくれるかと言った点も、大切と言えます。

料金体系について

経理代行サービスの選び方では、自社の予算と、どこまでのサービスを期待するかのバランスを判断することも重要です。高価すぎるサービスでは経営を圧迫しかねませんし、逆に、リーズナブルすぎて必要なサポートが含まれていないのでは、これも問題でしょう。

同じ費用でも、会社によってサービス内容については差がありますし、また、上記のように対応力や実績と言う点も異なってきます。このために、できるだけ支払うコストに対して、メリットの多い会社を選んでいくことが望ましいです。

無料相談を使ってみよう

先述の通り、対応力やレスポンスの早さについては、経理代行サービスの選び方としては重要な点です。したがって、契約前には無料相談サービスを利用して、これらの点を確認してみるのも良いでしょう。

無料相談は、多くの会社が実施しているので、気軽に活用していくのがおすすめです。活用方法としては、例えば、自社の悩みや、経理業務に関する疑問などを問い合わせてみて、反応を確かめていきます。返答が早いか、内容が伴っているかを見ていくようにしましょう。こうすることで相手会社のスタッフの人柄もうかがえます。

比較サービスも便利

経理代行サービスの選び方に関しては、比較サービスを活用するのも便利です。色々な要素について具体的に比べられますから、これは試しておいても良いでしょう。

また、一括見積を使っていくと、同じ依頼に対しても、会社によって必要になる費用が違ってくるのがわかります。色々な会社の見積もりを利用することで、大体の相場観が判ってくるのもメリットですから、こちらもおすすめです。

まとめ

経理代行サービスの選び方について紹介してきました。選び方においては色々なポイントがありますが、自社にとっての優先順位を決めてから探していくと、好ましい相手を見つけやすいのではないでしょうか。

実際に好ましい会社を探すには、ネットや広告類から情報を集めるのも重要ですが、こちらから無料相談などを行って、積極的に働きかけていくことも大切です。電話や対面で話し合ってみて、相手がセールストークばかりになっていないか、きちんとこちらの話を聞いているかなどを確かめていくと良いでしょう。