オンラインアシスタントサービスとは?料金やおすすめの会社、メリット、選び方など徹底比較

2019年9月13日

会社を経営するうえで経理・人事・総務などバックオフィスの業務は必要です。

バックオフィス系の仕事を頼むのにオンラインアシスタントサービスに頼むことがおすすめだと知っても以下のよう悩みを持つのではないでしょうか?

「オンラインアシスタントサービスってそもそも何?なにをやってくれるの?」

「オンラインアシスタントが時給換算で3,000円程度と高い」

「たくさんサービスがあってどこに頼んでいいのかわからない」



オンラインアシスタントに安さを求めるのであれば、時給換算1,390円(最安プランの場合)フジ子さん 、質の高さを求めるのであれば採用率1%のアイスタッフがおすすめです。

この記事ではオンラインアシスタントとは何か、任せられる業務内容、費用相場、頼んではいけない企業の特徴や選び方などをご紹介します。

この記事でオンラインアシスタントサービスがすべてわかるようになっています。

オンラインアシスタントとは?どんな意味なの?

オンラインアシスタントとは、インターネットを活用し、業務のサポートを行うサービスです。

このオンラインアシスタントサービスは「ビジネスアシスタント」「バーチャルアシスタント」「オンライン秘書」などとも呼ばれています。

オンラインアシスタントは経理、総務、人事、秘書業務などバックオフィス業務を代行します。

バックオフィス業務をアシスタントに依頼することで、人件費削減・コア業務に集中できるといったメリットがあります。

オンラインアシスタントを導入している企業やベンチャー企業や個人事業主など規模感が小さく創業したばかりの企業も多いのが特徴です。

オンラインアシスタントが行う業務・仕事内容とは

オンラインアシスタントの業務は多岐にわたります。

経理や人事、採用、総務、Eコマース、秘書業務などオンライン上でできる業務は幅広く対応しています。

それぞれの業務内容について詳しく見ていきましょう。

経理

オンラインアシスタントは経理の代行業務を行います。経理代行を行うオンラインアシスタントには税理士や会計士が在籍する場合も多く、経理のプロが会社の経理業務を代行します。

請求書や見積書、注文書の作成、決算書の作成、出荷在庫管理、売り上げ管理、経費精算管理、データ入力、クラウドツール導入サポートなどを行います。

個人事業主や中小企業では、経理経験のない社員や社長が自ら経理を担当することもあります。煩雑な経理作業が負担になり、本業に思ったように時間を割けないことも。経理業務以外にも、営業や一般事務など、やることは多いですよね。

経理業務は会社にとって重要な役割を担う一方、業務内容が比較的決まっておりアウトソーシングに向いています。

手間のかかる記帳業務や忙しい年末調整はオンラインアシスタントにアウトソーシングしてみましょう。

経理のプロである経理代行に業務を委託すれば、経理業務が早く正確に行われる上に社長や社員は本業に集中できます。

【経理関連の記事】

経理アウトソーシング!経理代行サービスのメリット、料金相場や中小企業におすすめの外注業者

経理とは?どんな仕事?仕事内容や役割、会計・財務との違いも解説!


総務

総務は社内の管理、備品や文書の管理、社内行事も行います。

総務は会社ごとに行う業務が違います。オンラインアシスタントに総務の代行を依頼する場合、会社ごとに総務の業務内容を洗い出し依頼可能な業務を整理したうえで代行します。

具体的には議事録や会議資料の作成、メール対応、お礼状やお詫び状などの書状作成、翻訳業務などを行います。

人事・採用

採用計画作成、求人の掲載、スカウトの送信、応募者管理、説明会資料作成などの業務を行います。

働き方改革や人手不足により、人事や採用の仕事は増加しています。自社内で対応できないものを外部にアウトソーシングする会社も増えています。

採用のプロに人事や採用の業務を任せることで、会社の欲しい人材をより効率的に得るられます。

採用計画や求人、スカウトなどの業務を採用のプロが行うことでターゲット層に適切にアプローチできます。

ECサイト

ECサイトの管理や運営、納期管理、売上管理などを行います。ECサイトを通じてより多くの人に商品を販売したい会社も多いはず。

ECサイトの運営や管理のノウハウを持っている会社は少ないでしょう。

ECサイトの実務をアウトソーシングすることにより、運営の負荷が軽減されます。運営の負荷が軽減されることで営業や企画などのコア業務に集中できます。

ノウハウを持った専門性の高い企業に委託することで自社内に高い専門的スキルを確保することができます。

営業サポート

営業のサポートもオンラインアシスタントに依頼することができます。営業リストの作成、企画書や提案書の作成、プレゼン用資料の作成などの業務を行います。

営業は新規顧客の開拓や既存顧客の維持などの業務をしています。しかし実際は多くの事務処理に追われて営業活動に集中できないケこともあります。

営業に関する事務作業を省略化して営業に専念することは会社の業績に繋がります。

営業はどうしても個人のスキルによって業務や売上が左右されてしまうもの。個々のスキルに頼ることの多い営業にアウトソーシングを導入することで客観的な視点が加わり営業の現状が見える化します。

営業のサポートをアウトソーシングすることで業務が効率化するだけでなく、スキルの個人差から生じる課題を明確にしたり、各個人の持つノウハウや勝ちパターンを見える化して組織が効率的に成果をあげられるようになります。

オンラインアシスタントサービの費用・料金相場

次にオンラインアシスタントサービスの料金相場です。

オンラインアシスタントサービスは、時給換算で3,000円〜4,000円程度です。

オンラインアシスタントサービスは、時給換算で3,000円以上でも満足度が高いケースが多いのですが、それでも時給3,000円ってなかなか出せないですよね・・

費用が高いと思ってしまった方には、フジ子さんがおすすめです。

フジ子さんは費用の安さが魅力のオンラインアシスタントで、時給換算の費用が最安でなんと1,390円です。

ここまで安く依頼できるオンラインアシスタントはほとんどないので、おすすめですし2時間の無料トライアルを行なっているので、無料トライアルで試してみて質を試してみることをおすすめします。

フジ子さんの公式サイトはこちら

オンラインアシスタントサービスに頼むメリット

次にオンラインアシスタントサービスに頼むメリットです。

オンラインアシスタントサービスに頼むと採用コストがかからなかったり、ストレスを軽減させるなどのメリットがあります。

ストレスが軽減する

オンラインアシスタントサービスに頼むメリット1つ目がストレスが軽減する点です。

当たり前のように社員が行なっている事務作業ですが、知らぬ知らぬのうちにストレスをかけています。

優秀な社員ほど

「なんで俺がやらないといけないの?」

とストレスに思っていて、日に日にストレスが募っていきます。

事務作業をやらせるだけで優秀な社員が辞めることはないと思いますが、他のストレスと重なると、辞める兆候がなくても優秀な社員が去っていくことあるかもしれません。

転職が当たり前になりつつある現代社会において、オンラインアシスタントを使うことによりストレスを軽減させるのも必要になってくるでしょう。

採用コストがかからない

通常採用活動するとなるとお金はかかりますが、オンラインアシスタントに頼む場合は採用コストがかかりません。

面接するのだって、スカウト送るのだって人件費がかかりますし、採用媒体に出すには広告費がかかります。

バックオフィス系のスタッフや社員を雇うのに数十万円かかることも珍しくなく、想像以上のコストがかかってしまいます。

オンラインアシスタントサービスの場合は運営会社が採用、教育を行なってくれるので、採用コストが一切かかりません。

オンラインアシスタントサービスのデメリット

次にオンラインアシスタントサービスを使うデメリットです。

オンラインアシスタントサービスでは、オンラインでうまく指示を出せない懸念があります。

オンラインでうまく指示を出せない

オンラインアシスタントサービスは名前の通り、電話やメール、チャットツールなどオンラインで仕事をお願いしないといけません。

リモートでの勤務が広まってきたはいえ、まだまだ対面で仕事の指示を出すのがスタンダードで、オンラインでの仕事をお願いするケースがほとんどありません。

この状況では、アシスタントが有能でもうまく使いこなせない恐れがあります。

もし、オンラインでの連絡が慣れていないのであれば、I-STAFFなどオフライン業務を行なっているオンラインアシスタントサービスに頼むといいでしょう。

I-STAFFの公式サイトはこちら


オンラインアシスタントサービスの選び方

オンラインアシスタントを選ぶポイントは、手頃な価格、業務の質の高さ、必要としているサービスがあるかどうかです。

手頃な価格で利用できる

手頃な価格で提供しているオンラインアシスタントを選びましょう。

オンラインアシスタントを活用するメリットは、人を採用することに比べてコストパフォーマンスが高いことです。

オンラインアシスタントを雇う目的はコストの削減であることが多いでしょう。オンラインアシスタントを比較して、よりコストのかからない業者を選びましょう。

オンラインアシスタントの相場は大体ですが1ヶ月60,000円~100,000円ほどの料金のところが多く、そのプランもサービス提供の内容や期間などによって様々あります。

サービス内容を比較し、その中でコストを抑えることのできるオンラインアシスタントを選びましょう。

例えば、オンラインアシスタントのフジ子さんは1か月で4万円程度の価格でオンラインアシスタントを利用できます。時給換算すると1000円~1500円程度に抑えられます。

このコストで経理や人事、ECサイトの管理、イラスト作成など様々な業務を代行します。

求人倍率が上昇する中で、経営者にとって人手不足は大きな問題となっています。パートや派遣社員、バイトを雇うために高額な広告費をはらって高時給の掲載をしても応募が集まらない場合もあります。

オンラインアシスタントを活用することでコストを抑えることができます。

フジ子さん!今話題のオンラインアシスタント。評判はどうなの?料金は?

フジ子さんの詳細・申し込みをこちらはこちらから

質の高い業務

オンラインアシスタントは業務の質の高い業者を選びましょう。

経理業務のミスの少なさやノウハウを生かした採用代行、効果的なECサイトの運営など、質の高い業務を期待できるのもオンラインアシスタントの魅力です。

専門性の高いアシスタントに任せることで、自社の社員が業務を行うよりもコストがかからず成果が出やすいと期待できます。

どのオンラインアシスタントの質が高いかわからない場合には口コミや評判を参考にしましょう。業務の質が高いオンラインアシスタントは評判も高く継続率も高いです。

HELP YOUは継続率の高いオンラインアシスタントです。継続率97%を超えるオンラインアシスタントであり満足度も高いです。

自社が必要としている業務代行を行っている

オンラインアシスタントでは会社ごとに提供している業務も異なりますオンラインアシスタントのホームページを見て、必要なサービスがあるか見てみましょう。

また、オンラインアシスタントはサービスごとに得意分野があり、自分が主に依頼したい仕事内容に強いアシスタントサービスを選ぶ事も大切です。

例えば秘書業務が得意なところもあれば、電話対応がメインのオンラインアシスタントなどがあります。

また、Web運用などに得意なサービス、オフライン対応のサービスなどがあり自分の業務に合わせたオンラインアシスタントを選ぶ事でより円滑に仕事の依頼をする事ができます。

オンラインアシスタントを頼まないほうが良い企業とは

オンラインアシスタントを頼まないほうがいい企業は変化を嫌う風土の企業や社員のITに順応しようとしない企業です。詳しく見てみましょう。

変化を嫌う風土の企業

社内の変更を認める社風でなければオンラインアシスタントの導入は難しいでしょう。変化を嫌う風土の職場にオンラインアシスタントを導入は適切ではありません。

社員のITスキルや指示能力とも関係しますが、オンラインアシスタントを初めて導入する場合、スムーズな運用まで時間がかかることがあります。

依頼する内容や導入時期を誤ると、業務に支障が出てしまいかねません。

慣れるまでは質やスピードに影響が出てしまう可能性を考慮し、繁忙期を避けてオンラインアシスタントを導入することが大切です。

変化を嫌う社風ではオンラインアシスタントに対して理解が得られるかわかりませんし、オンラインアシスタントをうまく活用できるかわかりません。

変化を嫌う社風の企業ではオンラインアシスタントの導入は難しいかもしれません。

ITに順応しようとしない企業

ITに順応しようとしない企業ではオンラインアシスタントの導入は難しいかもしれません。オンラインアシスタントは在宅勤務で行うことが多く対面でのコミュニケーションを行いません。

オンラインアシスタントを活用するためにはパソコンやインターネット、チャットサービスなどを使うことがあります。

社員のITスキルが高くなく新しい仕組みに抵抗がある場合はオンラインアシスタントの導入には慎重にならざるを得ないでしょう。

業種や職場環境によっては、投資が必要になる場合もあるでしょう。そんなときは、導入後の効果を予測し、投資額を回収できるかどうか慎重に検討する必要があります。


オンラインアシスタントを頼んだほうがいい企業とは

オンラインアシスタントを導入したほうが良い企業は、人手が足りていない企業、業務の分担がはっきりしている企業、業務量にムラのある企業、コストを削減したい企業です。詳しく見ていきましょう。

人手が足りていない

個人事業主や中小企業など、人手が足りていない企業にはオンラインアシスタントをおすすめします。

人手が足りない場合、本業に関係のない業務はできるだけやりたくないですよね。

経理であったり採用であったり外部に委託することで営業や企画など本業に集中することができます。また、繁忙期で人手が必要な時だけオンラインアシスタントを活用する方法もあります。

オンラインアシスタントは3か月や6か月から利用できることが多いですが、フジ子さんは1か月プラン(20時間)から利用できます。

繁忙期の人手不足の際に必要な分だけオンラインアシスタントを利用することができます。

正社員が行う業務がはっきりしている

営業や企画など正社員が担う業務がはっきりしていれば、オンラインアシスタントに任せるべき業務も明確になります。

正社員でなくてもできる業務のうちアウトソーシングできる事業を委託しましょう。

オンラインアシスタントの魅力は、自社の代替可能な業務をアウトソーシングして本業に集中できることです。

商品の企画や企業戦略に関する業務や顧客に対応する営業はオンラインアシスタントが担うことはできません。

オンラインアシスタントを活用すべきなのは経理や事務などのバックオフィス業務です。

どの業務を任せていいかわからない場合は、面談を通して業務の切り分けをアドバイスしてくれるオンラインアシスタントの活用をおすすめします。

煩雑で専門性も必要なバックオフィス業務は代行して、本業に集中することは有効です。オンラインアシスタントなら、必要な時に必要な業務の分だけ業務委託が可能なので融通も利きます。


業務量にムラがある

繁忙期の時期がある程度決まっている業務についてはオンラインアシスタントがおすすめです。経理業務など、繁忙期の決まっている業務は忙しい時期だけアウトソーシングすることもできます。

人を採用すれば、派遣社員やパートといった形態をとっていても、業務量に応じて働く時間や給与を調整することはできません。業務が少なければ人件費が余計にかかり、業務が多ければ社員の疲弊を招きます。

オンラインアシスタントは雇用関係ではなくサービスです。繁忙期のみ短期利用することも可能です。臨機応変に対応することができ、現場が疲弊するのも防ぐことができるでしょう。

コストを削減したい企業

事業にかかる費用で大きな割合を占めるのは人件費です。一定額の固定費を給与としては和う必要があり、規模が小さい会社ほど人件費の負担は厳しくなります。

コストを削減したい企業にオンラインアシスタントはおススメです。

人件費や社員の育成にかかる費用を考えるとオンラインアシスタントに業務委託したほうが安く済みます。それでいて専門性の高い業務の委託ができるのが魅力です

フジ子さんの料金は1か月(30時間)で6,9000円を参考にして掲載しました。上のグラフはあくまで一般事務の1か月あたりの人件費の参考です。

経理代行など、専門知識が必要な業務ではより高い人件費がかかるでしょう。


おすすめのオンラインアシスタント会社①料金が安い

おすすめのオンラインアシスタントはフジ子さんGennyHELP YOUです。それぞれのサービスを比較してましょう。

フジ子さん

バックオフィス業務を必要な時に必要な分だけ代行したいときはフジ子さんがおすすめです。

費用の相談をすることもできて、平均相場よりも低コストでサービスを利用できます。コスト削減という意味でフジ子さんはおすすめです。

フジ子さんには「必要な時に、必要な分だけ」依頼ができるという特徴があります。

なので、急な記帳代行にも対応してもらえるなど普段の業務の中でイレギュラーが発生した時のサポートを依頼することができます。

必要な時だけ依頼できるフジ子さんを導入してから、”本来すべき自分の業務に専念できる時間が増えて、生産性が高めることができた”など、利用者の満足度が高いというのもフジ子さんが人気の理由の1つです。

リーズナブルで低コストでの利用が叶うフジ子さんですが、所属しているのは高いスキルを持つ優秀なスタッフなので安心して業務を依頼することができます。

また、2時間の無料トライアルも行なっているので、一度試してみてはいかがでしょうか?


フジ子さんのホームページはこちらから

継続率の高さを誇るフジ子さん!評判・口コミは?料金などと合わせてご紹介


Genny

オンライン秘書サービスを謳うジェニーでは、最大の特徴として、契約期間中にどれだけ依頼をしようとも価格が変わらないという点が挙げられます。

様々な業務に対応しており、業務の補助をしてくれます。10日間のトライアルプランもあるので、自社に合うサービスになのかどうか一度試してみることができます。2か月のプランや1年の利用プランもあり、求める業務内容によって柔軟に対応できます。

Gennyの魅力は料金の安さ。

Gennyは月額が10万5000円で月最大で200時間使うことができ、時給換算で500円になります。

この費用の安さは圧倒的といえるでしょう。

Gennyの公式サイトはこちら

おすすめのオンラインアシスタントサービス②質が高い

次にご紹介するオンラインアシスタントサービスが質の高いオンラインアシスタントです。

質の高さでは採用率1%の

I-STAFFやHELP YOUがおすすめです。

I-STAFF:オフラインにも強み

質の高いオンラインアシスタントサービス1つ目がI-STAFFです。

I-STAFFでは採用率1%とアシスタントで業務を行うため、質の高さに定評があります。

また、オンラインアシスタントサービスと聞くと、オンラインのみと思いがちですがオフラインでの業務にも強みがあります。

さらに、6時間の無料トライアルがある上に、業界唯一の返金保障があったりするなど、かなり強気です。

満足されないのであれば、返金で赤字になってしまうため、質が高いからこそできるサービスです。

質の高さを求めるのであれば、一度無料トライアルを試してみるがいいでしょう。

I-STAFFの無料トライアルはこちら

【アイスタッフ】

HELP YOU

HELP YOUは経理や採用、ECサイトなど様々な業務を代行しており、バックオフィス業務を中心に行っているオンラインアシスタントサービスです。最短3日で導入できます。

HELP YOUはバックオフィス業務を幅広く対応しているため、複数の業務をまとめて委託することもできます。業務ごとに複数の代行サービスに委託するよりは一つの会社にまとめたほうが良いですよね。HELP YOUは継続率97%を超えており、顧客から高い満足度を得ています。

スタッフの採用率は1%であり、採用には厳しい基準があります。厳選されたスタッフが質の高い業務を行っており顧客満足度も高いです。HELP YOUの料金は3か月プランの場合、30時間で10万円です。時給換算で3000円を超えますが、採用コストや教育コストを考えれば高くないです。

【おすすめ記事】

HELP YOU(ヘルプユー)の評判・口コミ!なぜこんなに人気なのか

HELP YOUはこちらから

オンラインアシスタントの導入事例

次に紹介するのがオンラインアシスタントサービスの導入事例についてです。

重要な業務に時間が当てたらり、コスト削減に成功したなどオンラインアシスタントサービスを導入して、成功したと感じている企業が多いようです。

重要な業務に時間が当てたらた

まず、紹介するのがオンラインアシスタントサービスA社についてです。

A社にはデータ整理やグラフ化などの資料作成、比較調査、経費処理などバックオフィス系の様々な仕事を依頼していました。

その結果、代表の雑務が減りマーケティング戦略など重要な仕事に時間が充てることができたそうです。

代表や役員など付加価値の高い仕事の時間を増やしたい企業はA社のオンラインアシスタントサービスを導入してみるのがいいでしょう。

A社のオンラインアシスタントはこちらから

コスト削減に成功した事例

B社はリファラル採用を社内で活性化するクラウドサービスを企業向けに展開しています。

リファラル採用とは、社員が「自分の会社にマッチする」と思う人を会社に紹介する採用です。

リファラル採用はメリットも多い一方で導入後にうまく活用できないケースも多い。B社はクラウドサービスを活用してリファラル採用を活性化しています。

B社の抱えていた課題はクライアントのアカウントの初期設定や募集要項のセットアップの業務の負担が大きくかなり負担になっていました。

オンラインアシスタントは継続的な依頼を受けてくれるため、企業の経営を長期的にサポートします。

当初はオンラインアシスタントをうまく活用できなかったA社ですがオンラインアシスタントに対してマニュアルを作って渡すことでうまく仕事を上手く任せることができました。

オンラインアシスタントに業務を依頼する中で、「もっとこうしたほうが良いのではないのでしょうか」といった改善のアドバイスを得ることもできたようです。ただの業務代行ではなく、業務の改善にまでつながるアドバイスをもらえたら助かりますよね。

アルバイトを採用して業務を任せるよりもオンラインアシスタントに業務委託することでコストの削減が実現しました。

B社の事例はこちら

スタートアップでの成功事例

C社は地方や地域でビジネスを展開している企業です。

スタートアップを経営するうえでC社の社長は様々な業務を一人でこなしていくことに困難を感じていました。人を雇える状況であれば雇うほうが良いかもしれませんが、スタートアップの創業期には多くの固定費はかけられません。

オンラインアシスタントは業務内容が広いことも多く、アシストする業務の受け皿が大きいです。画像制作やWebサイトの更新、広告の出稿など様々な業務を代行できる点に魅力があります。

社内のリソースが足りないスタートアップの創業時にオンラインアシスタントはおすすめです。

数十万円の投資で業務を委託できるのは魅力的です。

C社の事例はこちら

まとめ

今回の記事では、オンラインアシスタントの業務や選ぶポイント、オンラインアシスタントを使ったほうが良い企業についてご紹介しました。オンラインアシスタントは経理、総務、人事、秘書業務などバックオフィス業務を代行するケースが多いです。

バックオフィス業務をアシスタントに依頼することで、人件費削減・コア業務に集中できるといったメリットがあります。